「はじめよう!まちの小さな図書館」トークイベント 開催しました。


定員いっぱいのお申込みを頂いた「はじめよう!まちの小さな図書館」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青空の広がるいい天気だった昨日、開催しました。
今回は、お近くにお住まいの方だけではなく、遠方から電車とバスを乗り継いでお越しいただいた方もいました。茂原駅から同じシャトルバスに乗ってみなさんご一緒にバス停から歩いて星空の小さな図書館へ。普段ほとんど人が歩いていない地域、ご近所さんはさぞ驚かれたことでしょう…。

まずは「星空の小さな図書館」の見学です。

16730195_1365291773544003_7659364056231954397_n

簡単に生い立ちや修繕について簡単にお話をした後、館内を見ていただきました。

16684157_1365291716877342_8077346475120326894_n

20名近くも入るとさすがにぎゅうぎゅうです。

本が好きな皆さんとあって、並んでいる本に興味津々です。建築関係のお仕事をされている方が、図書館内にある専門書に感動されていたのがとても印象的でした。「2階もあるんですよー」とご案内すると、「え~!?」と、うれしそう登っていく方もいました。友人たちと一緒に作り上げた図書館。色々と素人感がありますが、どれでも味があっていい、とそんな声をいただけることがうれしいです。

一通り、図書館を見学した後、「星空スペース」に場所を移動してトークイベントを開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定員いっぱいの申し込みがあり、会場は満席。すごい熱気です。

まずは、まちライブラリー提唱者である礒井さんのお話。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「まちライブラリー」をはじめられた経緯、活動について、日本全国に広がっている小さな図書館の紹介など、その話は多岐にわたりました。「まちライブラリー」という言葉を今回初めて聞かれた方も多かったのですが、お話を伺っていると、難しいことはなくそこに本があって人が集まればなんでも「まちライブラリー」になりうるということ。サービスを提供する側と受け取る側が一方的なものではなく、関わる人たちと交流していく場なのでは、というものでした。たった一人の人がはじめた活動が、その想いに共感する人が集い、広がっていく。そんな小さな広がりが、今、日本全国あちこちで生まれているのです。全国の様々な事例を交えたお話はどれも興味深く、参考になるものばかりでした。

 

礒井さんのお話の後に、星空の小さな図書館、子ども向け移動図書館「33ライブラリー」の活動について写真と共にお話しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

物置だった納屋が図書館に生まれ変わり、地域の方が集う場所になっている。まだまだ立ち上がって数年の小さな図書館ですが、今の自分が無理なく続けていけること、日々大切にしていることなどをお話させて頂きました。

また、星空の小さな図書館のキッズキッズスペースにある「33ライブラリー(さんさんライブラリー)」主宰松下さんより、子供向け移動図書館の活動についてご紹介頂きました。移動図書館として、マーケットに出店し、子どもが過ごせる場所、本と出会うきっかけになる場所を提供しています。

トークイベント終了後は交流会です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いすみ市産のチーズをつかったサラダなど、旬のお野菜がいっぱいのお料理に皆さん大変満足されているようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気が付くと参加者同士名刺の交換。「本」や「図書館」というきっかけで、新しい人との繋がりが生まれてくれることは、とてもうれしいこと。実は、今回のイベントで、数年ぶりに再会した人も何人かいました。ずっとHPを見ていて、機会があれば来たかったんですと。図書館ができていく様子も、日々のことも、そしてまちライブラリーのことも知ってはいたけれど、やっぱり実際見てみること、話しを聞くことは違ったようで、「来てよかったです」と笑顔で帰られる姿を見て胸があつくなりました。

今回、せっかく礒井さんをお呼びしてお話をしていただくのだから、もっと広い会場でもっと多くの人に聞いてもらうという選択肢もあったのですが、それはあえてしませんでした。どんな方がどんな思いでこのイベントに参加してくれたのか、私自身ひとり一人とお話がしたいと思ったからです。そんな私の思いは、礒井さんのお話の最後に集約されていたように思います。

「一度に500人集めるのではなくて、5人集める会を何回も開催してみてください。一人一人の人と、その時にきちんと向き合って、まずはできることから、一歩ではなくて半歩踏み出すところからはじめてみませんか」。

これはきっと、まちの小さな図書館のことだけではなく、何事にも共通することのように思います。
みなさんにとって、このイベントが半歩を踏み出すきっかけになればうれしい限りです。

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

Comments are closed.